ウォーターバグズラウンジ音楽教室~新宿の演奏空間・ウォーターバグズラウンジ
新宿の演奏空間・ウォーターバグズラウンジ~演奏会やライブパーティーなどに

音楽教室

ウォーターバグズラウンジでは簡単な音楽教室を不定期で開催します。時間は19時から23時あたりに、仕事を終えた方が参加しやすい時間に開催したいと思っております。テキストなどは用意せず、実際の演奏を通して、どうやってうまくなっていくか、これからどのような練習をしたらいいのかなどのアドバイスや、実際に楽器を演奏しながら、技術を教えるような形となります。1時間2000円で、音楽教室に参加することができます。1時間の教室が終わったあともその場でお過ごしいただく場合は、入場料は無料になりますので、時間の許す限りウォーターバグズラウンジで素敵な時間を過ごしていただけたらと思っております。現在教えることができる楽器はギター、ドラム、ベースとなっております。楽器演奏の経験が余り無い人にとっては非常に有意義な時間になるかと思います。月謝制度や入会金はありませんので、1回1回気軽にご参加ください。この教室で演奏を学べば、ラウンジで過ごす時間もより一層楽しくなりますよ。

ドラム

ドラムは、リズムをつかさどる楽器で、演奏の中で最も目立つ楽器と言えます。ドラムの良し悪しで演奏全体の仕上がりが大きく変わっていきます。教室で教えるのは8ビートという基本の動きになります。リズムに合わせて刻むので、簡単にできそうに思いますが、一番の難関は足で操作するバスドラムというものです。バスドラムは、手の動きの裏の拍子で音を出すので、初めての方はまず、手と足を別々のタイミングで動かすという壁にぶつかります。この技術は言葉で教えることは簡単ですが、ほどんどの人が体がいうことができない技術です。これは教えることも必要ですが、あとはひたすら脳みそが覚えるまで反復練習するしかありません。これができるようになったら、次はフィルインです。フィルインというのは一定リズムを刻む中に味付けをする、盛り上がる演奏のことですね。まずは初歩的なフィルインを教えるかたちになります。このような基本的な動作から始め、演奏は周りの楽器に合わせながら雰囲気を感じての演奏の方法などを教えます。

ギター

ギターはまずコード進行を覚える必要があります。コードというのは和音のことで、コードCはド・ミ・ソの3つの構成音でできる和音といったようなものです。このような理論はいずれ覚えていたほうがいいのですが、まずはコードの形を覚えることから始めます。どんな音がなっているかというのは置いといて、コード自体を覚えてしまえば、ある程度様になった演奏はできるようになります。次にストロークという、実際に弦を弾く動作です。ジャーンと頭だけ弾く動きから、ジャカジャカと8ビートの刻み方、そのあとに16ビートの刻み方を教えます。それが代替できるようになったら、次はソロギターの練習です。ソロギターは音を探すことから始め自分の好きな音を出す訓練をします。いわゆる耳コピに近い作業になりますね。頭の中の音をギターで鳴らすというのはなかなか難しいですが、こつこつと練習していればだんだんとできるようになっていきます。基本的な動作はこのような感じですが、生徒様がこれを知りたいということがあればそれを重点的に教えます。

ベース

ベースはルート音というコードの構成音の元となる音を出す練習をします。基本的にはギターに近いのですが、ギターほど激しく動くというよりは、縁の下の力もちタイプの楽器ですので、簡単に演奏を始めることができます。極めればもちろん難しい楽器です。リズム感を大事にしながら音を探して、刻む練習です。 ベースの弾き方のポイントとして、指で弾く場合と、ピックを使った弾き方に分かれてきます。指の場合はある程度の指の硬さが必要になってくるので、始めのうちは指にマメが出来て痛くなる場合もありますが、 ベースのスタイルとしても指弾きが主流ですし、見た目にもカッコ良いです。ピックの場合は指の硬さなどは関係ないので、ある程度指を慣らさなくても演奏できますが、 まろやかな音を出すのは難しくなります。理想的なのは両方出来ることですが、この教室では生徒様のニーズに合わせて、やりたい方向でのレッスンを行わせていただきます。


このような練習内容となります。私たちは楽器経験者ですので初心者やこれから始める人にとっては、基本的なことでもとても勉強になると思います。音楽教室の後にでも、なにか疑問に思うことがあれば気軽に聴いてみてください。楽器は教室で習うことも重要ですが、いかに一人で練習したかということが最も重要です。教室に通うことに満足せずに自主練習を頑張ることが楽器上達の秘訣です。上達したことを私たちに見せるということをモチベーションにしてもいいでしょう。とにかく毎日楽器を触ってみましょう!楽器はラウンジにおいてありますので、仕事帰りで持ち込むのが難しいというかたも気軽にご参加ください。